大阪京都間はJR新快速と阪急特急どっちで行くのが良い?

京都の風景

大阪から京都に行く場合、どういうルートで行くのが一番いいのでしょうか?

大きく分けてJRと阪急に分かれます。
JRは東海道本線がJR大阪駅JR京都駅で繋がっています。
阪急は阪急梅田駅河原町駅が繋がっています。

河原町駅は京都の一番栄えている通りである四条通と河原町通の交差する付近にあります。

周辺には、京都マルイ旧四条河原町阪急)、高島屋オーパH&Mなど商業施設があります。

それでは、JRと阪急をそれぞれ見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

大阪京都間をJRで行くなら新快速が最短の29分

JR大阪駅ーJR京都駅は新快速なら最短29分です。
速達性を求めているならJRの新快速一択だと思います。

この新快速の最高速度はなんと時速130キロです。
これは普通電車としては日本最速を誇っています。

首都圏の特別快速(中央特快や青梅特快など)が最高速度時速100キロちょっとです。
これを見ても関西の新快速がいかに速いかがわかると思います。

JR大阪駅ーJR京都駅の運賃は560円です。

これは私鉄である阪急電車に比べると割高です。
しかしスピードはJRの新快速がぶっちぎりなので、料金よりも速達性重視ならJRの新快速をおすすめします。

大阪京都間を阪急で行くメリットとは?

一方、大阪京都間を阪急で行く場合は、阪急梅田駅から乗車します。

阪急梅田駅はJR大阪駅からだと徒歩で大体10分弱くらいでしょうか。
JR大阪駅と阪急梅田駅の間の通路は凄い人の数なので、時間に余裕を持って15分くらいは見ておいた方がいいかもしれませんね。

阪急梅田駅ー河原町駅は特急で42分くらいです。
JRの新快速に比べると10分以上遅いですね。
なので、速達性ではJRの新快速には完敗と言っていいでしょう。

では阪急を利用するメリットはなんなのでしょうか?見ていきたいと思います。

阪急で行くメリットは料金の安さ

一方、料金の安さでは阪急に軍配が上がります。

阪急梅田駅ー河原町間の運賃は400円です。
これは、JRの大阪ー京都間に比べると160円も安くなります。

速達性ではJRの新快速に完敗でしたが、料金の安さでは阪急の圧勝です。

料金の安さは大きなメリットだと言えますね。

昼特きっぷを使えばJRは阪急より安くなる

さきほど、料金の安さでは阪急の圧勝と言いましたが、それはあくまで普通運賃での話です。

JRは昼特きっぷ(正式な名称は昼間特割きっぷ)というものをやっていて、それを使えば、大阪京都間は350円で行けます。
実に210円も安くなるということですね。

  • 販売仕様:6枚つづり
  • 利用可能時間帯:平日/10時~17時 土日祝/終日
  • 有効期限:購入した日から3ヶ月間
  • 発売場所:券売機、みどりの券売機、金券ショップ

このように有効期限が3ヶ月しかないので、注意が必要です。
他の注意点としては、基本的にみどりの窓口では販売していないという点です。(一部の駅では販売しています。)
普通の券売機かみどりの券売機で購入できます。

あとは、6枚つづりだと使いきれない可能性が高いので、金券ショップなら1枚ずつ購入できます。
ただしその場合は6枚つづりで買うよりかは1枚あたりの単価は高くなるので、留意する必要があります。

阪急の回数券とJRの昼得きっぷ比較すると?

阪急も普通回数券時差回数券土日回数券を販売しています。

普通回数券 時差回数券 土日回数券
販売価格 11枚で10枚分の運賃 12枚で10枚分の運賃、または6枚で5枚分の運賃 14枚で10枚分の運賃、または7枚で5枚分の運賃
適用日時 毎日終日 平日10時~16時、土日祝日の終日 土日祝日の終日

有効期限は発売の翌月から3か月目の末日までです。

このように阪急の回数券もかなりお得だと思います。
これらを考慮して阪急の回数券とJRの昼特きっぷを比較してみました。

阪急 JR
普通運賃 400円 560円
普通回数券(1枚あたり) 363円 440円
時差回数券(1枚あたり) 333円 昼特きっぷ(1枚あたり)350円
土日回数券(1枚あたり) 285円

※価格は小数点を切り捨てしてあります。

このように普通回数券ではJRの方が安いが、時差回数券や土日回数券なら阪急の方が1枚あたりの単価は安くなります。

ただ、JRの昼特きっぷよりも阪急の時差回数券や土日回数券の方が利用できる時間帯が短いし、JRの新快速の凄まじい速達性を考えれば、昼特きっぷに軍配が上がるかなと個人的には考えています。

新幹線と新快速の大阪ー京都間は所要時間の差は?

最後に参考までに新幹線と在来線の新快速の所要時間の差も見ていきましょう。結論から言うと、新大阪駅で新幹線への乗換時間を含めるとほぼ同じくらいになります。

料金を考えれば、新幹線は論外ということになりますね。新快速なら乗り換えなしで行けますし。

やはり新幹線は長距離だからこそメリットがあると言うことですね。

ただし、普段新幹線を乗らないので新幹線を少しだけ体験してみたいという方には良いかも?私も昔ちょっとだけ新幹線に乗ってみたくて新大阪から京都まで乗ってみたことがあります。

最後に

このように所要時間重視ならJRの新快速を利用するといいでしょう。料金では普通乗車券利用なら阪急の方が格安です。

しかし、JRの昼特きっぷや阪急の回数券を使えば1枚あたりの単価は阪急の方が少し安いです。

総合的にはJRの昼特きっぷが一番コスパがいいかなと思いますね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする