北大阪北摂の桜の名所でおすすめのお花見穴場5選!アクセス情報あり

桜

北大阪北摂地域の桜の名所はいくつかありますが、人気のあるところだと混雑するのでそれは避けたいという人も多いと思います。

人が少ない場所でゆっくり桜を鑑賞したい!」「せっかくお花見をしているのに周りで騒がれるのは嫌!

そういう人の為に今回は北大阪北摂地域の桜の名所でおすすめのお花見穴場スポットを5つ厳選して紹介して行こうと思います。

今回紹介していく桜の名所は以下の5つです。

  • ひらかたパーク(枚方市)
  • 桜通り(茨木市)
  • 新幹線公園(摂津市)
  • 千里中央公園(豊中市、吹田市)
  • 妙見の森ふれあい広場(川西市)

(最後の妙見の森ふれあい広場は兵庫県になりますが、妙見山は大阪府ですしほぼ大阪府なので取り上げました。)

是非参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

ひらかたパーク(枚方市)

ひらかたパークひらパーの愛称で知られている大阪では有名なテーマパークですが、実は桜の名所としてはそれほど知られていないので穴場だと言えます。

特に平日はかなり空いていることも多いので、ゆっくりお花見をするのにおすすめです!

しかもテーマパーク内なので、フードコートやベンチも完備されておりお弁当を持っていかなくてもOKです。

さらに園内のアトラクションも楽しめるので子供さんにも喜ばれます。

入園料は大人が1400円、子供が800円かかりますが混雑することが少ないので、ストレスフリーなお花見が楽しめますよ!

時間:10時~18時
住所:大阪府枚方市枚方公園町1-1
アクセス:京阪電車「枚方公園駅」下車してすぐ
京阪バス「枚方公園口」バス停下車し徒歩10分
駐車場:あり

桜通り(茨木市)

茨木市にある桜通りはその名の通り桜並木の通りで、その通りの長さは全長2.2キロにも及びます。

大阪みどりの百選「元茨木川緑地の桜」として有名ですね。

また屋台も少し出ていますので、ドライブで一息ついてみるのも良いと思います。

さらに夜は9時までですがライトアップされているので、カップルに大人気の夜桜スポットです。

場所は高橋交差点から南の横江交差点まで桜並木が続いているので、近くまで来ればすぐわかると思います。

住所:大阪府茨木市東奈良(高橋交差点~横江交差点まで)

新幹線公園(摂津市)

新幹線公園は新幹線や電気機関車が展示してあり、乗り込んで車内から桜を鑑賞することができます。(1日2回)

桜の名所はたくさんあっても新幹線や電気機関車の車内から桜を鑑賞できるのは新幹線公園だけではないでしょうか?

新幹線公園は安威川の堤防沿いに400mにわたって桜並木が続いており、桜のトンネルとなっています。

地元でも知ってる人は意外に少ないお花見の穴場スポットだと言えますね。

住所:大阪府摂津市安威川南町
アクセス:モノレール摂津駅、南摂津駅から徒歩約20分
中央環状線鳥飼基地前のバス停鶴野橋から徒歩約10分
駐車場:なし(市役所の駐車場利用可)

千里中央公園(豊中市・吹田市)

千里中央公園はかなり広い公園で桜の木の密度はそれほどなくて所々に点在してあります。

桜の木で埋め尽くされてるよりも所々にあった方が落ち着くという方におすすめの桜の名所です。

公園内にはローラー滑り台や地上4階建ての高さになる展望台もあるので、子供連れの家族やお年寄りなど幅広い年代の方が来園されています。

しかし人はかなり少なく、特に平日なんかは2、3組くらいしかいないことも少なくありません。

千里中央公園はかなりの広さですが売店などはありませんので、事前にお弁当などの食べ物や飲み物、レジャーシートなどを持参していくと良いでしょう。

住所:大阪府吹田市古江台1-27-5
アクセス:北大阪急行千里中央駅下車東へ徒歩約15分
駐車場:北東側のみ無料、南側は有料

妙見の森ふれあい広場(川西市)

最後は妙見の森ふれあい広場です。

北大阪北摂地域にある能勢妙見山は桜の名所としてかなりの穴場スポットです。

妙見の森ふれあい広場は住所では兵庫県川西市に入りますが、ほとんど北大阪なので今回入れました。

川西市の黒川駅からケーブル山上駅までの間、桜並木の間をケーブルカーの中から景色を堪能することができます。

山奥にあるので、大阪の中心部に比べるとかなり寒いですので上着などを持参していった方が良いでしょう。

住所:兵庫県川西市黒川針田
時間:9時20分~16時30分(4月から土日17時半まで)
アクセス:能勢電鉄妙見口駅から徒歩約20分またはバスで約3分(片道160円)
駐車場:あり

最後に

今回は北大阪北摂地域の桜の名所のおすすめの穴場を5つ紹介してきました。

いかがでしたでしょうか?

今回の記事を参考にしてお花見を楽しんできてくださいね。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする