九州新幹線新大阪から鹿児島中央まで行くには?料金や所要時間は?

九州新幹線

今から約5年ほど前の2011年3月に九州新幹線が博多駅から鹿児島中央駅まで全線開業しましたね。
これによって、山陽新幹線経由で新大阪駅から鹿児島中央駅まで直通運転が可能になりました。

このことによる経済効果は計り知れないものがあります。

九州新幹線が全線開業したことによって、博多ー久留米間や博多ー熊本間の乗客の増加は凄いことになったんですよ。

九州新幹線の全面開業から約1年後の2012年4月には熊本市政令指定都市にまでなっています。

これぞまさに新幹線の開業による効果がもたらしたものですね~。

そして、私が住んでいる大阪でも九州から訪れる観光客が著しく増加しました。
特に九州方面から大阪のテーマパークであるユニバーサルスタジオジャパン(USJ)を訪れる観光客は増えてますよね。

ユニバーサルスタジオジャパン(USJ)は2015年10月の月間入場者数が東京ディズニーランドを超えたと発表がありました。

九州新幹線で新大阪駅と鹿児島中央駅が直通したことによって、九州と大阪がお互い恩恵が受けられたのですね。

そこで今回は、新大阪駅から鹿児島中央駅まで行くのに、どの車両で行くのがベストなのか。
また料金や所要時間についても述べていきたいと思います。

スポンサーリンク

九州新幹線新大阪から鹿児島中央に行く為の新幹線の種類は?

まず九州新幹線には「みずほ」「さくら」「つばめ」の3種類の列車があります。

それぞれ見ていきたいと思います。

最速で行くならみずほが快適!

「みずほ」は九州新幹線の中では最速を誇っています。
そして途中の停車駅も主要な駅にだけ止まります。

停車駅は以下のとおりです。

新大阪ー新神戸ー岡山ー広島ー小倉ー博多ー熊本ー鹿児島中央

東海道山陽新幹線で例えるなら「みずほ」は「のぞみ」に当たります。

いろんなパターンの停車駅のさくら

「さくら」は東海道山陽新幹線で例えるなら「ひかり」に当たります。

停車駅は何パターンかありますが、以下の駅に停車します。

新大阪ー新神戸ー姫路ー岡山ー福山ー広島ー徳山ー新山口ー新下関ー小倉ー博多ー新鳥栖ー久留米ー筑後船小屋ー新大牟田ー新玉名ー熊本ー新八代ー新水俣ー出水ー川内ー鹿児島中央

九州新幹線の駅はすべて入ってますね。

そして、その中でも「さくら」の全ての列車が必ず停車する駅は次のとおりです。

新鳥栖、久留米、川内

それ以外の駅は停まったり、停まらなかったり、全てのパターンを覚えるのは容易ではありません(笑)

各駅停車のつばめはカメ?

「つばめ」は博多ー鹿児島中央間の九州新幹線の区間のみ走ります。

新大阪ー博多間の山陽新幹線の区間は走りません。

そして、「つばめ」は九州新幹線の全駅に停車します。
東海道山陽新幹線で例えるなら「こだま」で動物に例えるならカメですね。

いやいや、それでも新幹線なので時速200キロ以上で走行します。

なのでカメは言い過ぎですけど、みずほなどのスピードと比べれば、それくらい言いたくなるほど体感的には遅く感じます。

同じ九州の中ならともかく大阪から鹿児島までいくのには全く適していません。

九州新幹線新大阪ー鹿児島中央間の所要時間は?

新大阪ー鹿児島中央間の所要時間は、以下のとおりです。
「みずほ」:約3時間45分
「さくら」:約4時間5分

「みずほ」の方が20分も早く着くことになります。

九州新幹線新大阪ー鹿児島中央間の料金は?

新大阪ー鹿児島中央間の料金は乗車券と特急券を合わせて計算すると以下のとおりです。

自由席 指定席 グリーン車
みずほ 21380円 22210円 31260円
さくら 21380円 21900円 30950円

上記のように自由席は「みずほ」も「さくら」も変わりません。
指定席やグリーン車は「みずほ」の方が、310円だけ高くなります。

最後に

九州新幹線が全面開通したことによって、大阪と九州に多大な経済効果を及ぼしました。

新大阪ー鹿児島中央間を最速3時間45分でアクセスできるのは凄いことですね。

大阪から鹿児島ってめちゃくちゃ遠いイメージですよね?それがたったの4時間足らずで行けちゃうんですよ。

飛行機ならともかく鉄道でこれだけのアクセスは感動ものです!新幹線の効果は素晴らしいですね!

一方、料金に関しては指定席やグリーン車は「さくら」よりも「みずほ」の方が310円だけ高いですが、「みずほ」の速達性を考えれば、それだけの価値はあると思います。

新大阪ー鹿児島中央駅を利用する時は、最速で行ける「みずほ」を利用することをおすすめします。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする