新幹線の駅が新大阪になった理由とは?梅田乗り入れの可能性は?

新大阪駅新幹線ホーム

新幹線で大阪に行く場合、まず訪れるのが新大阪駅です。
新大阪駅は大阪の表玄関と言えると思います。

そこで、ある疑問を持たれる方も多いと思います。

それは、「新幹線の駅はなぜ新大阪駅になったのか?」ということです。

大阪の中心駅は梅田にあるJR大阪駅です。

JR大阪駅がある梅田はJR、阪急、阪神、地下鉄など交通網が集積する西日本一の大ターミナルです。

また百貨店やその他大型商業施設、オフィス、ホテルなども集積している大阪で一番の街です。

そんな梅田に新幹線の駅が設置されていなくて、淀川を越えて大阪の中心部から離れた場所である新大阪に新幹線の駅があるのは少し不便に感じてる人も多いかと思います。

そこで、今回は新幹線の駅が新大阪駅になった理由と、実際に今から梅田に新幹線の乗り入れが可能なのかを述べていきたいと思います。

スポンサーリンク

新幹線の駅が新大阪駅になった理由とは?

新幹線の駅が大阪最大の街である梅田ではなくて、淀川を越えた街外れにある新大阪付近になった最大の理由は、「急カーブを避けるため」です。

そしてもう一つの理由は「梅田の用地取得が困難だということ」です。

それぞれ見ていきたいと思います。

新幹線が梅田にあるJR大阪駅ではない理由は急カーブを避けるため

まずは最大の理由である「急カーブを避けるため」を見ていきます。

今のJRの在来線である京都線(東海道本線)を見ればわかると思いますが、京都方面から南に降りてきて新大阪駅を通ってから淀川を渡り、そしてJR大阪駅に着きます。

そしてJR大阪駅を出たら、また淀川を渡り、塚本駅を通ってから神戸方面に行きます。

つまり、梅田にあるJR大阪駅に通す為には淀川を2回も渡らなくてはいけないのです。
当然、淀川を渡るには鉄橋の建設費もかかります。

東海道新幹線が大阪終点ならJR大阪駅になっていたかもしれません。
しかし、当時すでに東海道新幹線を延伸して山陽新幹線の建設の計画もされていました。

その為には新幹線をなるべく直線で繋げる必要があったのです。

梅田に新幹線のホームを設置するには用地取得が困難だった

もう一つの理由である「梅田の用地取得が困難だということ」を見ていきます。

東海道新幹線の建設が計画されていた昭和30年台には梅田はすでに阪急や阪神の私鉄、梅田貨物駅などの既存の鉄道の施設などで埋め尽くされており、新たに新幹線のホームを建設する用地を取得するのは困難でした。

しかも、東京オリンピックが開催される1964年(昭和39年)までに東海道新幹線を完成させなければなりません。

そういう理由もあって、用地取得が容易にできる現在の新大阪駅周辺になってしまったのです。

東海道新幹線は1964年(昭和39年)の東京オリンピックに間に合わせる為に実質5年ほどで建設されてしまったので、もっとじっくり計画されていれば梅田に新幹線を乗り入れさせることはできたかもしれないですね。

今から梅田に新幹線を乗り入れさせることは可能なのか?

現在は梅田貨物駅が移転されたので、跡地は空き地になっています。
梅田貨物駅の跡地はうめきた2期と呼ばれています。

そのうめきた2期に新幹線やリニアのターミナルを持ってくることは技術的には可能です。

しかし、今の新大阪駅を廃止してまで梅田に新幹線の駅を持ってくることは、費用の面やすでに新大阪に投資をしている企業などのことを考えても、現実的ではないと私は思います。

将来の北陸新幹線リニア中央新幹線の駅をうめきたに作ることは、個人的には反対ではありません。

しかし、JRやその他の企業、住民などのコンセンサスを得るのは容易ではないと思います。

それなら、新大阪を集中的に都市開発して大阪の玄関口に相応しい街づくりをしてもらいたいですね。

最後に

今回は新幹線の駅が梅田ではなく新大阪になった理由と梅田に乗り入れの是非について述べてきました。

もし、新幹線が新大阪ではなくて梅田になっていたら、大阪は今以上に発展していたと思います。

しかし、一方で新幹線の駅が新大阪になったおかげで北大阪が発展し、街の範囲が広がったという意見もあります。

ただし淀川で街が大きく分断してしまったので、非効率な街になってしまったことも事実です。

いずれにしても新大阪は大阪の表玄関です。

日本第2の都市大阪の玄関口として相応しい街に、新大阪が発展することを願っています。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする