JRおおさか東線が新大阪駅まで開業で阪急とのアクセス改善効果も!

新大阪東方面の景色

東海道新幹線や山陽新幹線、九州新幹線が接続している大阪の玄関口である新大阪駅は、将来的にはリニア中央新幹線北陸新幹線の終着駅になる見込みです。

リニア中央新幹線や北陸新幹線が新大阪駅まで開業となれば、当然新大阪駅はこれまで以上に大阪の玄関口としての役割は高まります。

そうなると、在来線や私鉄、地下鉄など大阪のあらゆる交通ネットワークの機能を新大阪駅を中心に張り巡らせる必要があります。

その第一弾としてJRおおさか東線が延伸され、2019年春に新大阪駅まで開業予定です。

今回はこのテーマについて書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

現在のJRおおさか東線は放出-久宝寺間が開業

JRおおさか東線は城東貨物線を改良して旅客用に営業されるようになった大阪では新しい路線であり、2008年に放出-久宝寺間が部分開業しました。

主に大阪市の南東部と東大阪市の西部を南北に走っていて、JRおおさか東線の沿線には中小企業の工場なども多く建ち並んでいます。

現在は部分開業にとどまっていますが、2019年春の新大阪駅まで開業となれば、大阪市南東部や東大阪市西部の利用客は新大阪駅まで乗換なしで直通できるわけであります。

そうなるとますます新幹線の利用客も増えて、大阪の玄関口である新大阪駅の発展が期待できそうです。

2019年春JRおおさか東線が新大阪駅まで開業!その効果は?

前述のとおり2019年春にJRおおさか東線は放出から新大阪駅まで延伸されます。

その途中駅は次の通りです。

放出駅-鴫野駅-野江駅(仮)-都島駅(仮)-淡路駅(仮)-西吹田駅(仮)-新大阪駅

この中でも特に淡路駅に通ることの効果が大きいと思います。

その理由も書いていきます。

JRおおさか東線が淡路駅を通ることで阪急とのアクセス改善効果が向上

2019年春のJRおおさか東線が延伸されることによって、新たに新設される途中駅の中で私が最も効果が大きいと思う駅がJR淡路駅(仮)です。

JR淡路駅(仮)はまだ正式な名称は決まっていませんが、私はそのままの名前がしっくりきますね。

現在の新大阪駅と阪急とのアクセスはあまり良いとは言えません。

実際、私は阪急京都線沿いの駅を利用しているのですが、新幹線の利用のために新大阪駅を訪れる場合には、阪急南方駅に降りて、御堂筋線西中島南方駅を利用するか、徒歩で新大阪駅まで歩くかのどちらかです。

地下鉄西中島南方駅と新大阪駅は1駅なので、運賃節約のために新大阪駅まで歩くことが多いのですが、JRおおさか東線の淡路駅ができれば、阪急淡路駅からJRに乗り換えてそのまま新大阪駅まで行けるので、利便性はかなり向上しますね。

ちなみに阪急淡路駅からJR淡路駅までは少しだけ歩かなければいけませんが、5分以内ですのでアクセスは悪くありません。

淡路駅以外でアクセスが改善する駅は?

2019年春のJRおおさか東線の延伸で、淡路駅以外でもアクセスが改善する駅があります。

以下におおさか東線延伸後にできる駅に接続する路線を書いておきます。

  • 新大阪駅:新幹線、東海道本線(JR京都線)、大阪市営地下鉄御堂筋線
  • 野江駅:京阪本線
  • 都島駅:大阪市営地下鉄堺筋線、谷町線

JRおおさか東線は将来的にうめきたまで開通

JRおおさか東線は将来的にはうめきたまで開通します。

計画ではうめきた2期の地下に北梅田駅(仮)ができる予定です。

そこまで開通すればJRおおさか東線は環状路線に近くなりますね。

最後に

JRおおさか東線の放出-新大阪間の開業は2019年春になります。

新大阪駅ではすでにJRおおさか東線用のホームも完成しています。

淡路周辺は阪急の淡路駅が高架駅になることもあり、都市開発がされています。

こういう感じに大阪の交通ネットワークが発達していけば沿線が栄えますし、特に新大阪から淡路方面の発展が期待できそうですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする