大阪に移住するなら北摂エリアが良い理由とは?

北摂方面の景色

前回の記事で大阪に移住をお考えの人に「大阪は実際に住みやすいのか?」「大阪の街てどうなのか?」「どのあたりが住みやすいのか?」についてお書きしました。

そして北摂地域や阪神地域がおすすめだということもお書きしました。
今回はその中でも北摂エリアにスポットを当てていこうと思います。

スポンサーリンク

北摂エリアが利便性が良く圧倒的に人気

これから大阪に引越しを考えてられる方は、前回の記事でもご紹介しましたように淀川よりも北側の北摂エリア(北大阪エリア)がおすすめです。
その理由には以下の2点の理由があります。

  1. 梅田や新大阪にアクセスが良いこと。
  2. 比較的緑が豊かなこと。

それぞれ述べていきたいと思います。

梅田や新大阪にアクセスが良い北摂エリア

梅田はご存じのとおり大阪はもちろん西日本一の巨大ターミナルです。
大阪に住むからには梅田にアクセスが良いことは必須であると思います。
そして大阪の新幹線の玄関口である新大阪にアクセスが良いことも重要でしょう。

特にビジネスで出張が多い人には新大阪駅周辺がおすすめです
その梅田と新大阪の両方にアクセスが良いのが、北摂エリア(北大阪エリア)になります。

北摂エリアの中でもJR東海道本線沿線、阪急(京都線、宝塚線、神戸線)沿線、大阪市営地下鉄御堂筋線沿線が良いと思います。

比較的緑が豊かな北摂エリア

淀川以南の大阪の中心部は大都会で便利なのですが、にぎやか過ぎて住むにはもう少し落ち着いた所が良いと思う人も多いと思います。

そこで、梅田や新大阪にアクセスが良くて、かつ少し落ち着いた閑静な所が良いとお考えの方は北摂エリアの中でも少し離れた場所が良いかも知れません。

北摂エリアは北側は山がたくさんありますし、万博公園服部緑地など緑が豊かにあります。
閑静な住宅街が多いので、子育てするのにも適した環境だと思います。

茨木や高槻は意外にも梅田にアクセスがいい

「大阪市の中心部から離れてしまうと、梅田などに出るのに所要時間がかかるのでは?」と思われる方も多いと思います。
そこで私がおすすめしたいのが茨木高槻などです。

なぜかと言うと、茨木も高槻もJR東海道本線の新快速や阪急京都線の特急が止まるからです。(どちらも特急料金は掛かりません。)

茨木だと梅田までの所要時間はJRだと新快速で13分、阪急なら20分
高槻なら梅田までの所要時間はJRだと新快速で15分、阪急なら23分ほどになります。

つまり、茨木や高槻は大阪の中心部からは少し距離がありますが、その割には梅田までの所要時間が短いのです。
周辺は環境が良いので、お子様がいるファミリー層に人気があるエリアですね。

茨木市北部や高槻市北部はアクセスが良くないので注意

茨木と高槻は東海道本線沿線や阪急京都線沿線は非常にアクセスが良いのでおすすめなのですが、沿線から離れた茨木市北部と高槻市北部はアクセスが悪くなります。
というのも茨木市と高槻市は南北に長く、山岳に近い所では鉄道へのアクセスはありません。

特に名神高速道路よりも北側に住む場合には、自家用車がないと少し不便かも知れませんね。

学生の一人暮らしに人気の十三上新庄エリア

学生の一人暮らしには梅田まで阪急で一駅の十三と、同じ阪急沿線で大阪経済大学がある上新庄が人気のエリアです。

十三は阪急の梅田まですぐなのに加えて、阪急神戸線、阪急宝塚線、阪急京都線と3線にアクセスが良いので、その沿線にある大学などにアクセスが良いから人気なのでしょう。

上新庄も近くに大阪経済大学があり、梅田にも近くて学生向けのいろんなお店が建ち並んでいるので人気です。

ただし、阪急上新庄駅は特急が止まらないということは知っておく必要があります。

新大阪や東三国は転勤族などに人気!?

近年新大阪周辺やその北側の東三国に住む人が増えてきました。
特に大阪への転勤族に非常に人気のエリアです。
その理由は何と言ってもアクセスの良さでしょう。

新大阪駅はご存じのとおり、新幹線の大阪の玄関口です。
そして大阪の大動脈とも言える大阪市営地下鉄御堂筋線が通っています。

新大阪にも梅田にもすぐに出られるので、利便性は大阪でもトップクラスと言っても過言ではないでしょう。
その為どんどん住む人が増えてきました。

それに伴ってお店の数もどんどん増えてきています。
コンビニ、スーパー、ディスカウントストアが多いです。

大型商業施設はあまりありませんが、それは近くに梅田があるからだと思います。
日々の買い物は新大阪周辺でして、たまに高級品とか買いに行く時は梅田などに出かけると良いでしょう。

箕面や豊中や千里はファミリー向け?

箕面豊中千里のいずれも阪急が通ってるので、その沿線でしたら利便性は悪くないでしょう。

特に箕面は2020年に北大阪急行線が延伸される計画があります。
北大阪急行線とは新大阪→東三国→江坂までが御堂筋線でそこから先の緑地公園駅以北の路線のことです。

今現在は千里中央駅が終点なのですが、そこから更に2駅追加され新箕面駅(仮)まで2020年に延伸される計画となっています。
なので、箕面はこれからますますアクセスが良くなるので利便性は向上しますね。

箕面や豊中や千里はファミリー層が多く住んでいて、新大阪や東三国などに比べると閑静な住宅街です。
緑も多いので子育てにも適しています。

最後に

茨木や高槻はJRや阪急沿線はアクセスが良く、かつ自然もあるのでファミリー層に人気のエリアですね。

箕面、豊中、千里も同様の理由でファミリー層に人気です。
特に箕面は2020年に北大阪急行線の延伸計画があるので、ますます便利なエリアになりそうです。

最後に新大阪、東三国は新幹線や地下鉄御堂筋線があるので、ビジネスでの転勤族や出張が多い人に便利なエリアです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする