大阪と神戸の三ノ宮はJRと阪急と阪神ではどれが一番格安なの?

神戸三宮

大阪から神戸に行く場合にはJR、阪急、阪神の3通りの手段があります。

今回の記事ではどの路線で行くのが一番最善なのかを見ていきたいと思います。

ちなみに神戸の中心駅は関西にお住みでない方は知らない方もいるかもしれませんが、神戸駅ではなく三ノ宮という駅です。

また三ノ宮の表記もJRだけで、それ以外の阪急や阪神は三宮でノという字を挟まないので、そのことを踏まえて今回の記事を読んでいって下さい。

まあ三ノ宮の駅は3路線とも凄く近いので、ほぼ同じという認識でいいかと思います。

大阪側はJR大阪駅と阪急梅田駅、阪神梅田駅が少し離れていますので、そのことも考慮に入れるべきでしょうね。

それでは3路線それぞれを見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

新快速でJR大阪駅からJR三ノ宮駅に行く場合最速の21分

JR大阪駅からJR三ノ宮駅まで新快速を利用する場合は最短で21分です。スピードは文句なしのぶっちぎりですね。

なんせ新快速は普通電車としては日本最速の時速130キロで走りますから。

なのでスピードが最優先と言う方は以下の記事を読まなくても大丈夫です。迷わずJRの新快速を利用してください。

ただし料金を気にされる方はJRはやや割高なので、このまま読み進めていってくださいね(笑)

そのやや割高だと言ったJRの料金は410円です。

阪急を利用して梅田駅から三宮駅に行く場合は?

阪急を利用する場合には阪急梅田駅から特急を利用するのが早く着きます。しかしスピードはやはりJRの新快速には及びません。

阪急梅田駅と阪急三宮駅の間は約27分です。

新快速との差はだいたい5、6分くらいですが、JR大阪駅と阪急梅田駅の間は10分くらい歩かないといけないので、JR大阪駅を利用した方が便利だと言う方は無理して阪急を利用せずにJRを利用すれば良いと思います。

ちなみに阪急梅田駅-阪急三宮駅の料金は320円です。

阪神を利用して梅田駅から三宮駅に行く場合は?

阪神を利用する場合には阪神梅田駅からやはり特急を利用します。神戸側は阪神三宮駅です。

阪神電車は他の2路線に比べるとスピードはかなり劣り、約32分かかります。

JRの新快速より約10分、阪急の特急より約5分遅いです。

そして料金は阪急と同じく320円です。

あまり阪神を使うメリットはなさそうですね。

JRの昼特きっぷを利用することで格安に!

JRの昼特きっぷがかなりお得であることは以前の記事で紹介しました。

JR大阪駅JR三ノ宮駅間の昼特きっぷは1620円で、6枚つづりなので、1枚あたり270円になります。

これで、阪急と阪神の320円よりも安くなることになります。しかし、阪急と阪神も回数券を使うことで安くなりますので、見ていきたいと思います。

阪急と阪神の回数券とJRの昼特きっぷはどっちが格安なの?

まずは以下の阪急と阪神の回数券の仕様を見てください。(阪急と阪神は同じ金額です。)

 普通回数券時差回数券土日回数券
適用日時毎日終日平日10時~16時、または土日祝日の終日土日祝日の終日
販売価格11枚で10枚分の運賃12枚で10枚分の運賃、または6枚で5枚分の運賃14枚で10枚分の運賃、または7枚で5枚分の運賃

それを踏まえた阪急、阪神、JRの3社の1枚あたりの単価の比較が次の図になります。

 阪急阪神JR
普通運賃320円320円410円
普通回数券(1枚あたり)290円290円335円
時差回数券(1枚あたり)266円266円昼特きっぷ(1枚あたり)270円
土日回数券(1枚あたり)228円228円

※小数点は切り捨てて計算しています。

このように一番格安なのは阪急と阪神の土日回数券になります。

しかし、土日回数券は土日にしか利用できないという条件があります。

JRの昼特きっぷと条件が似ているのは時差回数券になりますね。それを見るとやはり一番格安なのは、阪急と阪神の時差回数券ということになります。

最後に

このようにJRと阪急、阪神で一番格安にJR大阪駅と三ノ宮駅に行けるのは阪急阪神の時差回数券ということになりました。

しかし、JRの新快速は断トツの速達性を誇るので、そのことを考慮に入れるとどれが一番お得なのか微妙なところですね。

格安と速達性どちらを優先するかで使い分けると良いと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする