大阪の大動脈地下鉄御堂筋線の概要と住宅環境は?

大阪に住んでいて、鉄道を利用しない人はほとんどいないと思います。
それくらい大阪の鉄道は発達していて、大阪の街を網の目のようなネットワークを形成しています。

今回はその中でも、大阪の大動脈とも言うべき大阪市営地下鉄御堂筋線について書いていこうと思います。

スポンサーリンク

大阪市営地下鉄御堂筋線の概要

大阪市営地下鉄御堂筋線は、まさに大阪の街のど真ん中である新大阪ー梅田ー難波ー天王寺を南北に縦断しています。

地下鉄御堂筋線は昭和の初期に日本で最初の公営地下鉄として開業した歴史ある路線なんですよ。

最初は梅田駅ー心斎橋駅の間だけだったのですが、徐々に延長されていって、現在では中百舌鳥駅から江坂駅まで繋がっており、さらに江坂駅から先は北大阪急行と相互直通運転をしており千里中央駅が終点になっています。

ちなみに梅田駅ー淀屋橋駅の間は日本の地下鉄で最も利用者が多いらしいんですよ。
私も何回か朝のラッシュの時間帯に乗ったことがありますが、混雑が半端じゃなかったですよ。

ちなみに平日は終日、前から6両目は女性専用車両になってます。

淀川よりも北側の駅は地上にあります

御堂筋線江坂駅ホーム

地下鉄御堂筋線は南側の中百舌鳥駅から出発して梅田駅の次の駅である中津駅までは地下を走りますが、淀川を渡る手前で地上部に出て、そこからは新御堂筋の上下車線の間を走ります。
淀川の橋を渡ると間もなく西中島南方駅に着いて新大阪駅ー東三国駅ー江坂駅へと至ります。

上の画像はちょうど江坂駅のホームになります。

見てのとおり江坂駅周辺はビルに囲まれてますね。私も初めて江坂に行った時、「大阪の郊外なのにこんなに大きな街があるのか!」と驚いたものです。

そこから先は北大阪急行に乗り入れて千里中央駅が終点となります。

大阪市営地下鉄御堂筋線を利用するにあたって留意すべき点

大阪市営地下鉄を利用するにあたっていくつか留意するべき点があります。

  1. 電車の行き先に注意すること。
  2. 走行距離が3キロを超える駅の料金がいきなり高くなること。

それぞれ説明していきたいと思います。

電車の行き先に注意すること

地下鉄御堂筋線には南の終点のなかもず行きと北の終点の千里中央行きがあるのですが、それ以外にもいくつかあります。

千里中央方面なら、千里中央、新大阪、中津の3通り。
中百舌鳥方面なら、なかもず、新金岡、あびこ、天王寺の4通りです。

その中でも一番良くあるのが、南側から行く時に目的地が新大阪である場合、中津行きに乗ってしまって中津でまた乗り換えが必要になってしまいます。

私もよく何気なく乗ってしまって中津で乗り換えるはめになってしまうことがよくあります。

新大阪方面利用の人はかなりいるので、その点は注意してください。

走行距離3キロを超える駅は料金がいきなり高くなります

大阪市営地下鉄の初乗り料金は180円です。
しかし、走行距離が3キロを超える駅の場合は240円になります。

例えば、梅田ー淀屋橋や梅田ー本町は初乗りの180円になります。
しかし、走行距離が3キロを超える梅田ー心斎橋や梅田ー難波はいきなり240円に料金が跳ね上がってしまいます。

同様に梅田ー中津、梅田ー西中島南方は180円なんですが、梅田ー新大阪以降は240円になります。

以前は初乗りが200円、その次が230円でした。
しかし、2014年4月に大阪市営地下鉄は初乗りを20円値下げしたのですが、その時期はちょうど消費税の増税が重なってしまい、それ以降の運賃は増税分を値上げすることになりました。

その結果、初乗りとそれ以降の料金に差が広がってしまったのですね。

どうせなら一律で20円値下げすれば良かったのにとは思いますが、大阪市の収益が減ってしまうので、しかたないことなんでしょうね…。

御堂筋線沿線に住むなら

さきほど述べましたように、御堂筋線は大阪の大動脈を走っています。
当然その沿線に住むと梅田や難波、天王寺などの大きな街に出やすいので、アクセスの良さは最高と言っていいです。

その中でも新大阪や東三国に住むのが一番便利だと思います。
特にビジネスで大阪に出張に来られる人には人気なエリアです。

私もかなり昔になりますが、東三国に1年間だけ住んでいたことがあります。

その頃は今ほど大きなマンションは少なかったと記憶していますが、隣の駅が新大阪駅と江坂駅なので、「こんな郊外の街でもこれだけ大きいんだあ。」と思ったものでした。

緑地公園駅以北に住むメリットデメリット

新大阪周辺は利便性が最も高いエリアなので人気なのですが結構にぎやかなので、もっと落ち着いた環境が良いという人もいるでしょう。
そういうあなたは緑地公園駅よりも北に住まれると良いと思います。

つまり、緑地公園駅、桃山台駅、千里中央駅ですね。
このあたりは近くに服部緑地という大きな公園がありますし、北側には箕面の山もあり緑に囲まれた閑静な住宅街という感じです。

子育てには絶好の環境ですよね?

しかし、そういうメリットがある反面デメリットもあります。
それは、緑地公園よりも北側は北大阪急行線なので、運賃が御堂筋線とは別に上乗せされるということです。

つまり初乗りの90円が御堂筋線の料金とは別に上乗せされるわけですね。
このことを除けば、住宅環境が良いのでおすすめなエリアです。

ちなみに緑地公園ー桃山台は90円緑地公園ー千里中央は110円の安さで庶民的な料金ですね。

2020年に新箕面まで延長される計画がある

現在この北大阪急行線は千里中央駅が終点ですが、2020年に2.5キロ延長されて新箕面駅(仮)まで繋がります。

千里中央駅ー箕面船場駅(仮)-新箕面駅(仮)となるわけですね。
新箕面ー梅田間は24分のアクセスになる見込みです。
なので、箕面はますますアクセスが良くなります。

箕面には大阪の有名人が住んでいる高級住宅街もあります。
北側の箕面の山にはお猿さんもいます(笑)たまに街中で見かけますよ!

人には慣れてるので、お昼なら襲われることはないと思います。

箕面の滝とかも有名な観光スポットですよね。

自然環境にも恵まれてて、なおかつ大阪都心部にもアクセスが良くなれば、今以上に人気の住宅スポットになりそうですね。

最後に

今回は大阪市営地下鉄御堂筋線を取り上げてきました。

大阪の都心の大動脈を走っている路線なので、その沿線の利便性が良く住環境には大人気のエリアです。

特に新大阪や東三国は利便性が大阪でもトップクラスなので、ビジネス層には人気のエリアです。

ファミリー層には住宅環境が良い緑地公園駅以北が人気です。
箕面は2020年に北大阪急行線の延伸計画があるので、ますます人気のエリアになりそうですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする