大阪市内から関空までのアクセスは?所要時間と格安の行き方は?

関空に向かう特急はるか

大阪の空の玄関口と言える関空関西国際空港)は大阪の都心部からはかなり離れているので、少々不便を感じてる方も多いと思います。

事前に調べずに行くとやたら時間がかかってしまったり、割高になったりしてしまうかもしれません。

どの方法が所要時間が短いか、また格安で行ける方法はあるのか?事前に調べておくのがいいと思います。

しかし、一つ一つ調べていくとかなりめんどくさいかと思うので、私が調べてまとめておきました。参考にしていただけるとうれしいです。

まず、大阪の都心部から関空まで行く方法は主に次の方法があります。

  • JRの特急はるかを利用する
  • JRの関空快速を利用する
  • 南海の特急ラピートを利用する
  • 南海の空港急行を利用する
  • リムジンバスを利用する

これらの方法をそれぞれ見ていきたいと思います。

その前に前提としてJRを利用する場合は新大阪駅、南海電車を利用する場合は南海難波駅、リムジンバスを利用する場合は大阪駅から発着することにしています。

スポンサーリンク

JRの特急はるかを利用する

JR新大阪駅から関空に行く場合は特急はるかが乗り換える必要がなく直通してるので、一番便利です。

それでは特急はるかを利用する場合の運賃と所要時間を見ていきましょう。

特急はるかの運賃と所要時間

  • 運賃:自由席2330円、指定席2850円
  • 所要時間:48分~1時間くらい

自由席だと500円くらい安いですが、新大阪からだと座れるかどうか微妙なので、指定席を取っておいた方が確実だと思います。(京都駅でかなりの乗客が乗ってきます。)

料金をあまり気にせず、とにかく楽をしたい方におすすめの選択ですね。

もっとも長くても1時間ちょっとですので、「私はそれくらいの時間座れなくても平気だよ!」という方は自由席でもいいですが…。

JRの関空快速を利用する

JR新大阪駅からはまずJR京都線でJR大阪駅まで行きます。そしてJR大阪駅からは関空快速の関西空港行きに乗り換えます。

それでは関空快速を利用する場合の運賃と所要時間を見ていきましょう。

関空快速の運賃と所要時間

  • 運賃:1360円
  • 所要時間:約1時間25分

JR大阪駅で一度乗り換える必要がありますが、特急はるかに比べるとかなり格安で行けますね。

南海の特急ラピートを利用する

難波から関空に行くのには南海特急ラピートを利用するのが最も早く着きます。

難波以外から行かれる場合は、まずは南海電車に乗るために南海難波駅に行ってください。

新大阪駅やJR大阪駅から行く場合は地下鉄御堂筋線経由でなんば駅まで行くのが便利です。

まずはなんば駅までの運賃と所要時間を見ていきましょう。

地下鉄御堂筋線なんば駅までの運賃と所要時間

新大阪駅から行かれる場合の運賃は280円、所要時間は約14分です。

JR大阪駅から行かれる場合は御堂筋線梅田駅から乗って運賃は240円、所要時間は約9分です。

それでは南海難波駅からの特急ラピートを利用する場合の運賃を見ていきましょう。

南海の特急ラピートの運賃と所要時間

  • 運賃:1430円
  • 所要時間:38分

ちなみに新大阪駅からなら地下鉄運賃の280円が加わって1710円になります。

JR大阪駅からだと240円が加わって1670円になります。

南海の空港急行を利用する

南海の空港急行を利用すれば特急ラピートよりかは運賃を抑えられます。

空港急行を利用する場合の運賃と所要時間も見ていきましょう。

南海の空港急行の運賃と所要時間

  • 運賃:920円
  • 所要時間:48分

所要時間は特急ラピートに比べると10分ほど遅くなります。

しかし運賃は500円以上安くなります。

難波からなら千円を切る安さが魅力ですね。

ちなみに新大阪駅からは地下鉄運賃の280円が加わって1200円になります。

JR大阪駅からだと240円が加わって1160円になります。

リムジンバスを利用する

大阪の最大のターミナルであるJR大阪駅からは関空へのリムジンバスも出ています。

JR大阪駅からの所要時間は約50分です。

運賃は片道だと1550円往復だと2760円になり往復だと少しお得ですね。

京都、大阪、神戸など発着地が多いことや所要時間の割に運賃が安いこともメリットです。

まとめ

今回は新大阪駅やJR大阪駅、南海難波駅など大阪の都心部と関空とのアクセスと運賃について述べてきました。

それぞれメリットデメリットがありますので以下にまとめておきます。

 メリットデメリット
特急はるか新幹線から新大阪乗り換えて行く場合は新大阪から直通しているのでスムーズ料金が一番割高
関空快速特急はるかに比べるとかなり格安JR大阪駅で一度乗り換える必要がある
南海特急ラピート難波から関空に行く場合は最短の38分のアクセスやや割高
南海空港急行特急ラピートに比べると500円以上安い特急ラピートに比べると10分ほど遅い
リムジンバス京都、大阪、神戸など発着地が多く、コスパにも優れている、往復だとさらにお得バスに酔いやすい人には適していない

梅田でお買い物をしてから関空に向かおうと言う方なら、JR大阪駅などから出ているリムジンバスで行くのもありだと思います。

飛行機での旅は長旅になるので、空港までたどり着くのに何回も乗り換えとか疲れますからね。

なるべく乗り換えがなく直行できる交通手段を私はお勧めしたいですね。

次回の記事では将来的に計画や議論がされている、より便利に関空までアクセスできる交通手段である新幹線やリニア、なにわ筋線などについて私の見解を書いていこうと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする