JR大阪環状線の概要と沿線の住宅環境はどうなの?

大阪環状線

大阪市営地下鉄御堂筋線と並び大阪のもう一つの大動脈とも言える路線、JR大阪環状線
今回はそのJR大阪環状線について書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

JR大阪環状線の概要

JR大阪環状線は大阪の都心部の周りを走っています。
東京のJR山手線に似ていますね。
JR大阪環状線は1周を約40分で周ります。

JR山手線と同じように、JR大阪環状線も内回りと外回りがあります。
内回りは反時計回り、外回りは時計回りになります。

大阪駅を基準に考えると、内回りはユニバーサルスタジオジャパン(USJ)方面に向かいます。

つまりベイエリア方面ですね。

一方外回りはJR京橋駅JR鶴橋駅方面、つまり大阪では住宅街の方ですね。

梅田からは外回りの電車の方が混雑していて、内回りはやや空いてる傾向にありますね。

女性専用車両の設定

オレンジ色の電車の場合は、4号車が平日、休日関係なく始発から終電まで女性専用車両の設定がされています。
黄緑色の電車には女性専用車両は設定されていません。

JR大阪環状線を利用するにあたって注意すべきこととは?

JR大阪環状線を利用するにあたって注意するべきことがあります。
それは、環状運転しない電車も走っているということです。

どういうことかというと、大阪環状線内を別の路線も走っているということです。
その路線は、桜島線(JRゆめ咲線)関西本線(大和路線)です。

「JR大阪駅から環状線の内回りでJR天王寺駅に向かうつもりだったのに、ユニバーサルスタジオジャパン(USJ)まで行ってしまった。」なんてこともあるわけです。
なので、行き先と電車の色は確かめて乗るようにしましょうね。

それに対して東京のJR山手線は全ての電車が環状運転しているので、わかりやすいですね。

大阪環状線改造プロジェクトとは?

JR西日本は2013年から2017年度までの間、大阪の活性化のために大阪環状線改造プロジェクトと題して、様々なプロジェクトを行っています。

  • 駅の美装化など
  • 駅構内や高架下の改造や開発
  • 古い車両のリニューアル

それぞれ見ていきます。

駅の美装化

JR大阪環状線を明るいイメージにするために、JR大阪環状線の全駅の美装化に取り組んでいます。
具体的には駅名標、時刻表、路線図など一新しています。
特にトイレの美装化には特に力を入れているようです。

駅構内や高架下の改造や開発

駅の構内や高架下を再開発して様々な店舗などが入居するようです。
特にJR玉造駅にできた商業施設ビエラ玉造はその形状が大阪環状線の車両なので、面白いです。
あとは弁天町駅の交通科学博物館跡地に何ができるのかも注目したいですね。

古い車両をリニューアル

JR大阪環状線は、今まで103系201系という古い車両を使ってきました。
特に103系は旧国鉄時代から使ってきた古い車両です。

2016年度から2018年度にかけて順次現在の103系と201系を新しい車両である323系に置き換えていく予定です。

全駅発車メロディ導入やラッピング列車なども

JR大阪環状線では、これまでも発車メロディーは使用してきましたが、全駅共通のものでした。
今回のプロジェクトの一環として全駅に独自の発車メロディーを既に導入しています。
すべて、大阪やその駅に関係するメロディーを使っています。

このことによってそれぞれの駅に個性が出ていいですよね。

JR東日本なんかは発車メロディが豊富でいいですよね?

例えば高田馬場なら鉄腕アトム、恵比寿なら第3の男などそのメロディを聴いただけで駅名が連想されます。

桜ノ宮駅はさくらんぼ、森ノ宮駅は森のくまさん(笑)とかその駅にちなんだメロディが流れます。

しかし個人的にはオリジナルのメロディにしてほしかったですね。

あとは風景や名所、祭事などのデザインを使用したラッピング電車(OSAKA POWER LOOP)なども既に運行されています。

JR大阪環状線沿線の住宅環境はどうなの?

JR大阪環状線沿線の住宅環境は実際どうなのでしょうか?
アクセスなど利便性はもちろん最高と言っていいでしょう。

大阪環状線沿線は近年タワーマンションが増えてきたので、沿線の人口は増加しています。

マンションに住まれるのであれば、住宅環境は悪くはないと思います。
しかし、一戸建てを買われるのでしたら、北摂などの都心から少し離れた所の方が落ち着いた環境なので良いでしょうね。

最後に

今回は大阪環状線について書いてきました。

大阪環状線改造プロジェクトでは大阪のイメージを良くするために、駅構内の美装化や施設を開発やリニューアルなど様々なことが行われています。

それぞれの駅に発車メロディを付けるのも駅の個性を高めていくので良いことだと私は思います。

JR大阪環状線沿線の住宅環境は、利便性の上では最高だと思います。

利便性を優先するなら、JR大阪環状線沿線のマンション。
生活環境を優先するなら、緑が多い北摂などに一戸建てを構えるのが良いと私は思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする