新幹線で新大阪から東京に行くのに格安の方法は?

東海道新幹線

新大阪から新幹線を利用する場合、最も多い行き先は東京ですが、かなり多くの人が普通運賃で利用しているのではないでしょうか?

しっかり調べればかなり格安で行けますが、調べるのがめんどうだと言う人も多いと思います。

そこでみなさんのかわりに私が調べておきましたので、参考にしていただけると嬉しいです!

それでは見ていきましょう。

スポンサーリンク

普通運賃で行く場合

  • のぞみ指定席:14450円
  • ひかりこだま指定席:14140円
  • 自由席(のぞみ、ひかり、こだま共通):13620円

上記が普通運賃で行く場合の料金です。これが基本ですので、抑えておいてくださいね。

自由席だとかなり格安ですね。新大阪始発や東京駅から乗る場合は並べば通常期ならほとんどの場合座れると思いますので、あえて指定席を買わなくてもいいかもしれませんね。

ちなみに東京新大阪間は走行距離が601キロ未満なので、往復割引がききません。(往復割引は走行距離601キロ以上に適応されます。)

さてここからはより格安になる方法を見ていきましょう。

どんだけ格安になるんでしょうかね~?

金券ショップで格安きっぷを買う

金券ショップならだいたい1000円前後お得なことが多いです。当日や前日ならよりお得です

ただし、金券ショップで売られているのはほとんどの場合回数券の使い切れなかった残りなので、年末年始やお盆などの繁忙期には使用できません。注意が必要です。

エクスプレス予約・プラスEX予約早特を利用する

エクスプレス予約・プラスEX早特ならどちらも同じ12340円になります。

早特はご利用日の3日前の23:30までに予約が必要です。

それぞれ利用するとエクスプレス予約は13370円、プラスEXは13940円になるので、早特を使った方が断然お得です。

それぞれの違いも書いておきます。

エクスプレス予約とプラスEXの違い

エクスプレス予約の場合は申込時にクレジットカードの申込みが必要で、年会費1080円が必要です。

一方プラスEXの場合は申込時クレジットカードの申込みは不要でご自分のカードを利用できます。ただしサービス年会費540円が必要です。

その他モバイルSuicaに対応しているかなどの細かい違いもあります。

最初の申込みがやや複雑であったり、年会費が必要なことなどがデメリットでしょうね。

ぷらっとこだまを利用する

ぷらっとこだまの料金はなんと10300円になります。

1ドリンク引換券もついて来てますし、1500円追加すればグリーン車も利用できます。

しかし、所要時間は4時間以上かかるので値段相応だとも言えます。

ネットや電話で予約しチケットが自宅に発送されてきます。

宿泊もするなら新幹線宿泊パックが断然お得!

新幹線乗車とホテル宿泊もされるなら新幹線宿泊パックが断然お得です。

安いプランだと24800円~ありますので、そのプランだと新幹線を片道12400円で乗れて、しかもホテル代までついてくるという計算になりますね。

要するに普通運賃の往復よりもホテルの宿泊がついてくる新幹線宿泊パックの方が格安ということなんです。

様々なプランがあり、宿泊するホテルと新幹線の種類なども選べます。

まとめ

最後に以下にまとめておきます。

  • のぞみ指定席:14450円
  • ひかり・こだま指定席:14140円
  • 自由席(のぞみ・ひかり・こだま共通):13620円
  • 金券ショップ:普通運賃よりも1000円前後格安
  • エクスプレス予約・プラスEX早特:12340円
  • ぷらっとこだま:10300円
  • 新幹線宿泊パック:ホテル代込で往復24800円~

新大阪東京間の東海道新幹線は山陽新幹線と比較してかなり利用者が多いので、格安にするにはホテルに宿泊するパック(新幹線宿泊パック)にするなどしないとそこまで格安にはできませんね。

山陽新幹線のトク特!ひかり・こだまのような新幹線乗車だけで半額くらいまで安くなるチケットはないみたいです。

まあ東京新大阪間だからしかたないでしょうね…

今回の記事ではその条件の中でもできるだけ格安にできる方法を書いてきましたので、参考にしてくださいね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする