グランフロント大阪とうめぐるで梅田を満喫しよう

グランフロント大阪

梅田の再開発エリアうめきたに新しくできたグランフロント大阪は2013年4月26日にオープンしました。

大阪でも屈指の規模の大型商業施設などで構成された超高層ビル群です。うめきたでは梅田スカイビルと肩を並べるほどの存在感を誇っています。

このグランフロント大阪のビル4棟ができたことによって梅田の街はさらに高層ビル街としての厚みが増しましたね。

特に十三方面から淀川越しを見た時によりそれを実感します。

今日はこのグランフロント大阪を紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

グランフロント大阪の概要

グランフロント大阪は、大阪ステーションシティ(大阪駅)側から順に南館(タワーA)、北館(タワーB、タワーC)、そして最も北側にあるビルは超高層タワーマンションで合計4棟の超高層ビルから成り立っています。

それとは別に2階建てのうめきたSHIPという船のような形をイメージした建物もあります。
そこは、1階はレストラン、2階は多目的ホールとなっています。

外の広場はうめきた広場と呼ばれ、大阪ステーションシティ(大阪駅)からエスカレーターまたは階段で降りれば、すぐ辿り着けます。

うめきた広場にあるうめだ☆スケートリンクつるんつるん

うめきた広場にあるうめだ☆スケートリンクつるんつるん氷じゃないアイススケートリンクです。

スケート靴などの貸し出しも行っているので、手ぶらで行ってもすぐにアイススケートが楽しめます。

本当に氷の上を滑ってる感覚で、全く違和感なく滑れますよ。

ちなみに2016年度は11月26日㈯から来年の2月18日㈯まで利用できます。

南館(タワーA)は266もの専門店が入居

大阪ステーションシティ(大阪駅)からエスカレーターや階段で降りずにそのまま南側の通路に行った先は、南館(タワーA)の2階の入り口になります。

グランフロント大阪南館(タワーA)はじつに266もの専門店が入っています。
鉄道模型のお店や変わった文房具のお店など他の大型商業施設ではあまり見かけない専門店なども多く入っています。

北館の構造が凄い!

グランフロント大阪北館内部

南館(タワーA)の2階をそのまま北に向かって歩いていけば北館(タワーB、タワーC)に辿りつけます。

上の画像をご覧ください。

これは北館の内部です。

吹き抜け構造になっていて、なんだか凄いですね。

まるでファイナルファンタジーシリーズに出てくるような感じですね。

対して大阪ステーションシティの内部はドラクエのお城みたいな構造だし…。

ちなみにこの北館(タワーB)にはドラクエ、FFを作った会社であるスクウェア・エニックスが入居しています。

何かの偶然でしょうかね~?

北館のナレッジ・キャピタルの近大マグロを食べた感想

さらに北館(タワーB、タワーC)にはナレッジ・キャピタルという知的産業施設があります。
このナレッジ・キャピタルは医療・介護・ロボットなどの研究施設や近大マグロで有名な近畿大学水産研究所もあります。

近畿大学水産研究所では実際に近大マグロをご賞味できます。
ランチでは「近大マグロと選抜鮮魚のお刺身ご膳」が超おすすめです。

食べてみた感想は普通の本マグロ以上にマグロの身が引き締まっていてしかも新鮮で、とても味わい深かったです。

本物のマグロよりもおいしいのは凄いですね。

値段は2480円でランチとしては結構高いですが、これだけの味なので十分納得できますね。

北館タワーCにはホテルが入居

北館タワーCの高層階には外資系のホテルであるインターコンチネンタルホテル大阪も入居しています。

大阪は今インバウンド効果でホテルの供給不足にあるので、大きなホテルが増えていくことはうれしいことですね。

うめぐるで梅田を快適に満喫できる

グランフロント大阪の街開きにあわせて梅田の街を1周するうめぐるバスが運行しています。

1周の所要時間は約30分、運行時間は平日は8時~20時土曜日や休日は10時~20時となっています。
だいたい10分おきぐらいに走っています。

運賃は大人が100円子供が50円、一日乗車券が大人が200円子供が100円となっております。
とてもリーズナブルですよね。

うめぐるではその他にもうめぐるチャリ(レンタサイクル)もやっています。
料金は最初の1時間は200円、以降1時間ごとに100円追加されます。

最後に

このようにグランフロント大阪は他の大型商業施設にはあまり見られないような専門店や施設が満載です。

特に北館のナレッジ・キャピタルには近代マグロをはじめ、最先端の施設があります。

うめぐるバスやうめぐるチャリを利用して梅田をまわってみるのも楽しいですよ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする