大阪第3の繁華街天王寺の巨大商業施設の数々とは?

天王寺駅周辺の街並み

今日は大阪のキタ(梅田)、ミナミ(難波)に次ぐ第3のターミナル駅であるJR天王寺駅周辺を特集したいと思います。
この辺り一帯は天王寺と阿倍野どちらとも呼ばれることがありますが、このブログではJR天王寺駅を優先して基本的に天王寺で統一しようと思います。

スポンサーリンク

大阪第3の繁華街天王寺の概要

JR天王寺駅よりも北は大阪市の天王寺区に属します。
一方、JR天王寺駅よりも南は大阪市の阿倍野区に属します。

天王寺はJRはもちろん地下鉄の各路線、近鉄などが集約する巨大ターミナルです。

阿倍野区の”あべの”と阿部野橋駅の”あべの”で漢字が違うところが興味深いですね。
天王寺で一番栄えている場所はJR天王寺駅と近鉄阿部野橋駅の間のあたりですね。
この辺り一帯には以下のような巨大商業施設があります。

  • 天王寺ミオ(本館とプラザ館があります。)
  • あべのハルカス近鉄本店
  • あべのキューズタウン

それぞれ見ていきましょう。

JR天王寺駅に直結している天王寺ミオはどんな店舗が入居してる?

天王寺ミオとあべのハルカス

天王寺ミオはJR天王寺駅とは1階中央コンコースと東口コンコースで直結されています。
本館とプラザ館に分かれています。

ほとんどのテナントショップがファッション系統で他にも楽器、本、文具、雑貨の店も入っています。

実は私は本館の4階にあるデリスというタルト屋さんが大好きで天王寺に行った時には必ず立ち寄っています。

フルーツがこれでもかって言うくらい乗っており、カスタードクリームとうまくマッチしていてはまっています。

本館の10階と11階はレストラン街になっています。

ミオはJR西日本グループが経営しており、JR天王寺駅以外にJR和歌山駅にもあります。

日本一の商業面積を誇るあべのハルカス近鉄本店はどんな感じ?

あべのハルカス近鉄本店

JR天王寺駅と道路を挟んで対面にある近鉄阿部野橋駅方面にはあべのハルカス近鉄本店があります。

この百貨店は日本一の超高層ビルであるあべのハルカス(300m)の低層部に作られてあり、日本一の百貨店商業面積を誇ります。

あべのハルカス近鉄本店はタワー館とウィング館に分かれており、それぞれエスカレーター回廊で繋がっています。

タワー館はあべのハルカス建設時に新設されたビルで、ウィング館は旧新館を順次改装しリニューアルしたビルです。
ウィング館の面白い所は、3階と4階の間に3.5階というものが存在していることです。

これは、新館であるタワー館と旧館のウィング館で天井の高さが違い、タワー館とウィング館をエスカレーター回廊で結ぶ時に高さの誤差が生じてしまい、その誤差を3.5階というもので上手く調整したからです。

ウィング館の地下2階から地上の3.5階まではsolaha(ソラハ)という若者向けのファッションテナントショップが入っています。

日本一の広さの百貨店に入居しているので、高いものばかりかなと思っていましたが、中にはかなり安価な衣類も販売されています。

あべのキューズタウンの概要

あべのキューズタウン

天王寺ミオやあべのハルカスと並んで天王寺阿倍野地区の3大巨大商業施設であるあべのキューズタウンはViaあべのWalkとあべのキューズモールから成り立っています。
あべのキューズモールにはSHIBUYA109ABENO という若者向けのファッションテナントショップも入っています。

イオンモールのようなショッピングモールですが、一風変わった個性的なテナントも数多く入居しているのが特徴です。

3階のスカイコートでは定期的にイベントが行われているので、たまに足を運ぶと思わぬイベントに遭遇するかも。

その他の商業施設

天王寺駅周辺にはその他にも商業施設がたくさんあります。
主なものを紹介します。

  • あべちか
  • あべのhoop(フープ)
  • あべのand(アンド)
  • 新宿ごちそうビル
  • アベノセンタービル
  • あべのnini
  • あべのアポロ
  • あべのルシアス
  • あべのベルタ

その他にも近いうちにドンキホーテもできる予定です。

天王寺の観光施設は?

天王寺公園

天王寺駅より北西には天王寺公園という大きな公園があります。
その中には天王寺動物園という大きな動物園があります。
1915年(大正4年)からある歴史ある動物園で約200種類の900点の動物がいます。

私にとっては小学校の頃からよく遠足で行った馴染みある動物園です。

天王寺を訪れた際には是非行ってみたい観光スポットですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする