エキマルシェ大阪の天丼つちやに行った感想!女性のランチにおすすめ!

先日、JR大阪駅構内のエキマルシェ大阪に新しくできた天丼つちやに行ってきました。

天丼つちやは吹田市江坂にあるミシュラン2つ星店旬彩天つちやがプロデュースしたお店です。

お店の場所はエキマルシェ大阪の中のMarche’s Kitchen内にあります。以前に紹介したビフテキ重・肉飯ロマン亭の隣にあります。

このビフテキ・肉飯ロマン亭と同じ日の10月21日にオープンしました。

それでは天丼つちやに行ってきた感想を書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

天丼つちやのお店の雰囲気は?

お店は入り口にドアとか戸などがないので、入りやすい雰囲気ですね。

江坂のつちやはミシュラン2つ星店なので格式があり気軽に入れるという感じではないですが、こちらのお店は全くそんな雰囲気はなくカジュアルな感じです。

女性一人でも子供連れであっても気軽に入れます。

それでは天丼つちやの混み具合、席の感じ、客層、メニューと価格、出来上がるまでの時間などをそれぞれ書いていきますね。

お店の混み具合は?

私が行ったのはお昼過ぎの13時くらいでランチの時間帯でしたが、私を含めて3人待ちでした。

なので、天丼つちやは比較的空いてるお店と言えますね。(その日によるとは思いますが)

一方お隣のビフテキ重・肉飯ロマン亭は10人以上の行列ができていて大盛況でした。

席の感じはどうなの?

店内は11席のカウンター席のみです。

足元には鞄などを入れる大きめのボックスが置いてあります。

なので足を伸ばすことは難しいです。

メニューは大きなお盆で出されるので、カウンターの一人あたりのスペースはやや狭い感じですね。

お盆の横にお水を置くのとか少し気を使うかもしれません。(私は置いていましたが…)

客層はどうなの?

普通天丼などのどんぶり屋さんは男性が多いイメージですが、天丼つちやの客層はかなり女性客が多い感じで、男女比は3:7くらいでしたね。

お店のコンセプトにも「女性の為の新しい天丼専門店」と女性を意識した感じになっています。

天丼つちやは女性が入りやすいお店なので、女性のランチにおすすめです。

メニューと価格は?

天丼つちやのメニューは以下の3種類になります。

  • 野菜天丼1000円):野菜の天ぷらがたくさん入っている天丼です。
  • つちやの天丼1200円):野菜、海老、烏賊の天ぷらが入っている天丼です。
  • 七福神1500円):野菜、海老、烏賊、アナゴの天ぷらが入っている天丼です。

つちやの天丼と七福神の違いはアナゴが入ってるかどうかの違いですね。(ただしアナゴの量は少量です。)

これらのメニューにプラス300円ひつまぶしセット(卵黄の天ぷら、とろろ芋、出汁)にすることができます。

出来上がるまでの時間は?

私が並んでいる間にスタッフの方がメニュー表を渡してくれて、その間にメニューを決めました。

オーダーしてからしばらくして席に案内され、席に着いてから注文がきたのですが、その間のトータルの時間は5分~10分の間くらいだったと思います。

天丼つちやの七福神ひつまぶしセットを注文しました

天丼つちや七福神ひつまぶしセット

さて今回は天丼つちやの中でも一番高価である七福神ひつまぶしセット(1800円)を注文しました。

画像のように天丼は御櫃に入っています。

それをしゃもじで少しずつお茶碗に移して食べていきます。

なので通常の天丼とはちょっと違いますね。

ご飯がほとんど隠れてしまうほどの天ぷらの量も凄いですね。

あと注文時にご飯は多いめ、少ないめを選べます。

天ぷらの量が多いので、ご飯も多いめを頼んだ方がいいかと思います。

ただ私は少食な方なので、ご飯の量は通常にしましたが(笑)

お味噌汁の味は?

まずは画像の中央にあるお味噌汁から感想を書いていきたいと思います。

お味噌汁は薄すぎず濃すぎず私にはちょうど良かったです。

具材には湯葉巻き、なめこなどが入っています。

湯葉巻きは私はあまり食べたことがなかったのですが、歯ごたえがしっかりあっておいしかったです。

天ぷらとはよく合うように仕上がっています。

天丼は通常の天丼とはかなり違う?

天丼つちやの天丼は御櫃に入っていてしゃもじでお茶碗に移して食べるスタイルなので、通常の天丼とはかなり違いますね。

そしてここが重要なのですが、天丼のつゆはかなり少なめです。

なので天丼を食べているというよりはご飯に乗っている天ぷらを食べているような感覚です。

それだけ素材そのものの良さを重視しているのですね。

素材は何が使われてるの?

この七福神ひつまぶしセットの素材は、天丼つちやの中で一番豪華なセットです。

それでは天ぷらの素材を書いていきます。

海老1匹、烏賊1切れ、アナゴ一切れ、茄子2切れ、さつまいも2切れ、ミニトマト1個、ししとう2切れ、ブロッコリー2切れ、舞茸2切れです。

あと一つ白身ぽいお魚が一切れ入っていました。「私は最初アナゴが2切れ入っているのかな?」と思ったのですが、アナゴの味ではなかったです。

斬新だと感じたミニトマトの天ぷら

特に私が斬新だと思ったのはミニトマトの天ぷらです。

私は最初ミニトマトとは知らずに食べたのですが、まあまあいけなくもない感じでした。

決しておいしいとは思いませんでしが、斬新な味なので1個だけなら食べれます。

「何個も食べろ!」と言われればちょっときついかも知れませんが(笑)

まずはご飯に天ぷらを取ってそのまま食べます

天丼つちやの七福神セットをそのまま食べる

カウンターの正面に食べ方が載っているので、まずはしゃもじを使ってお茶碗にご飯と天ぷらを取ってそのまま食べます。

海老の天ぷらがしっかりボリュームがあり、プリプリしてて甘味もありすごくおいしいです。

アナゴの天ぷらも身と皮と天ぷらの衣が層になっていて非常にマッチしています。

アナゴの身はかなり薄めですが、アナゴ本来の味がしっかりとします。

烏賊の天ぷらも歯ごたえがしっかりしてておいしいですが、量は一口サイズなので少量です。

その他さつまいも、茄子、舞茸、ししとう、ブロッコリーなどのお野菜の天ぷらもおいしいです。

特にブロッコリーの天ぷらは初めてだったのですが、「天ぷらにすると意外にいけるんだな」と感動しましたね。

あとは先ほども言いましたが天丼のつゆがかなり少なめです。

天ぷらの素材を楽しんでほしいというのがお店のコンセプトなんでしょうけど、私はつゆだくの天丼が好きなので、お好みでつゆが添付されていればもっと良かったのにと思いました。

ひつまぶしにして食べてみました

天丼つちやの七福神をひつまぶしにして食べる

次に卵の天ぷら、とろろ芋、出汁をかけて食べます。

出汁は鰹だしがしっかり効いています。

しかし結構冷めていたで、その点は少し残念でした。

ひつまぶしにして食べるのは最後の方だから熱々の状態で持ってきてほしいなと思います。

卵の天ぷらは中身が少し半熟の状態が残っており、それが出汁に混ざっておいしかったです。

とろろ芋もかけると天ぷらのサクサクとうまく合います。

添付してある味噌わさびを入れるとさらに複雑な味になって楽しめますね。

最後に

今回は天丼つちやの七福神ひつまぶしセットを紹介しました。

このお店のメニューの特徴は”御櫃から少しずつ取って食べていく”というスタイルです。

つゆだくの天丼というイメージで食べると「なんだか違うな」と思うので、ご飯に乗せたおいしい天ぷらを食べるという感覚で食べるといいのかなと思います。

天ぷらそのものの素材を味わってください。

そのまま食べたり、出汁を入れたり、卵の天ぷらを入れたり、とろろ芋を入れたり、味噌わさびを入れたりと何通りもの食べ方ができるので、最後まで飽きることがありません。

値段が少し高めですが、それだけ素材が良いものが使われてると思えば納得できます。

そして天丼つちやは客層が女性客が中心ですので、女性のランチにおすすめしたいお店ですね。

以上天丼つちやの七福神ひつまぶしセットの食レポでした。

是非参考にしてみてくださいね。

天丼つちや

住所:大阪市北区梅田3-1-1エキマルシェ大阪

電話:06-6131-4774

営業時間:10:00~22:00(ラストオーダー21:30)

定休日:不定休(エキマルシェ大阪に準じます)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする